第22回 WordPressプログラムのインストール

    Posted in: WordPress超活用

WordPressプログラムのインストールとは?

WordPressは、数多くのプログラムファイルから構成されています。そもそも利用のためには、これらのファイル一式をしっかりとセットしておかなければなりません。この作業を一般的にインストールと呼んでいます。

ただ、ふだんお使いのWindowsマシンにアプリ(ソフトウェア)をインストールすることとは異なり、いろいろな設定が必要です。高機能なプログラムのために仕方がないのですが、ハードルの高い作業になっています。

その大きな理由は、インストール先がサーバーという特殊な構造のマシンだからです。具体的には、Windowsパソコンのように画面に従って「はい」を繰り返すのではなく、指示は文字を入力し、またWindowsとは別の全く異なる作業方法で実施する必要があるためです。

では、サーバーにどのプログラムをインストールすればWordPressが動作するのでしょうか。次項で簡単に確認したいと思います。

必要なプログラム

最初に必要なものは、だいたい以下の通りです。

(1) WordPress本体(日本語の最新バージョン)
(2) Webサーバー(インターネットにデータを公開するプログラム)
(3) データベース(MySQLというプログラムが多い)
(4) Webサーバー上でデータベースを動かすプログラミング言語(PHPという名称)
(5) 必要に応じて、データベース管理ツール(phpMyAdminというプログラム)

大抵のレンタルサーバーには、(2)〜(5)は契約時より用意されていることが多いのではないでしょうか。すでに用意されていれば、あらためて入れる必要はありません。(1) WordPress本体のプログラムをセットさえできれば、完了です。

注意点

WordPress公式サイトのインストール方法は正確ですが、やや難しい内容となっています。不明な点は、図解入りの他の解説サイトを参照した方が、スムーズに作業が進むと思います。

せっかくこの作業にチャレンジするので、きっちりとセキュリティ的にも安全に実施するべき内容と考えています。一つ一つの操作は非常に明快で、その積み重ねと考えるといいのかもしれません。

インストール作業の概略

この項目では、一般的なインストール手順について説明します。なお、今回はデータベース(MySQL)やPHP、さらにはデータベース管理ツール(phpMyAdmin)があらかじめ用意されているサーバーの利用を想定しています。

(1) WordPress公式サイトのダウンロードページよりプログラムをダウンロードする
(2) (1)のプログラムをご自身のパソコン上で解凍する
(3) (2)で解凍したプログラム全部を、FTPソフトでサーバーにアップロードする
(4) データベース管理ツールにて、WordPress用のデータベースとそのユーザーを作成する
(5) ブラウザーで、指定ページ(wp-admin/setup-config.phpなど)にアクセスする
(6) 画面の指示に従って、データベース名とそのユーザー名などを入力する

(6)からは、通常お使いのパソコンのブラウザーでの設定作業に移ります。ここからは画面の指示に従って進めば良く、数ステップで完了します。

この作業が役立つこと

冒頭にも書きましたが、作業のメリットは大きく以下の2点あります。

・トラブル時の対応
サーバーにWordPress用のプログラムをインストールする際に、WordPressがどのようなサーバー環境で動作しているか、おおまかにイメージすることができます。

正しくインストールすれば、正しく動作します。もし動かない、または動かなくなったら、どこに原因があるかを突き止めたり、ヒントを得られる可能性が高まります。少なくとも、サーバー機の故障かプログラムの不具合か、単に設定上にミスかなどの整理ができると思います。

簡易的なインストール方法を行わず、わざわざこの方法で実施する最初の意味が、ここにあります。

・サーバー移転
上記と関連しますが、いろいろな理由によってWordPressで構築したサイトの引越を行う場合に有効です。多少なりともインストール作業や構成を知っていると、何をどのように移転すればいいのか頭に描きやすくなります。

例えば、移転するデータはWordPressのプログラムだけではなくて、データベースの中身も必要ということがわかります。そしてそれらの移転のために、どんな作業が必要か理解しやすくなります。

まとめ

WordPressを使った自社のWebサイトの運用を、少しでも円滑にすすめるためには、中身について少しずつ理解と経験することをおすすめします。あくまで無理のない範囲内で、ぜひ検証されてみてはいかがでしょうか。