第35回 WordPressの画像(メディア)の操作は、ここが優れている!

    Posted in: WordPress超活用

なぜ画像管理が重要か?

そもそもWebサイトで、内容をわかりやすく伝えるために、写真やイラストなどの画像を多用します。そのため画像を思い通りに、正確にそして効率良く操作できなければなりません。

それでは、「画像の操作」とは一般的にどのようなことを指し示すのでしょうか。ファイル操作の観点では、以下の3点が挙げられます。

(1)追加
手元のパソコンに保管している画像データを、WordPressが動いているWebサーバーに転送して、追加する操作です。通常では、この目的で専用ソフト(FTPソフト)を別途用意します。

さらにWebサーバーにある画像データを、公開ページに反映させることも、重要な操作方法のひとつです。そして単に反映させるだけではなく、見栄え良く、できる限り早く表示するための工夫が必要です。

(2)更新
いったん公開設定した画像を、別のものに差し替えをすることを想定しています。その場合に、難解な作業を繰り返すようでは効率が落ち、間違いのもとになります。

また、公開ページでの画像表示の位置を簡単に変更できないと、結果的に利用者には優しいデザインやレイアウトにはなりえません。

(3)削除
何らかの理由で、ある画像を使用しなくなった場合には、滞りなく非公開にしなければ、Webサイトの正確性を保つことができません。通常、Webサーバーから画像データを削除するだけでなく、画像を表示するプログラム(HTML)の修正が必要です。画像のリンク切れを防止するためも、両方の作業をセットで行います。

WordPressでの画像管理の概要

まず、前項3点の作業をWordPressの利用だけで、比較的簡単に完結することができます。他のソフトは不要です。もちろんWordPressのプラグインを活用すれば、さらに多くの操作ができように拡張可能です。ただ、そこまでしなくとも、以下の手順で管理が可能です。

(1)追加
WordPress管理画面の「メディア」にある、「新規追加」ボタンをクリックすると、画像ファイルを手元のパソコンから、Webサーバーに複製する画面が開きます。それには、以下のふたつの方法があります。

・ドラッグアンドドロップのマウス操作で行う(物理的に離れていることを意識しない)
・手動でファイルを選択する

いずれにせよ、これらの操作によりWebサーバーに画像ファイルの複製が出現し、また画像自体のURLアドレスが自動的に付与されます。

なお、画像ファイルの保管場所は「ライブラリ」と呼ばれています。例えば記事などを作成するときに、この「ライブラリ」より適当な画像を選択(URLアドレスの指定)すれば、記事内に画像を表示(挿入)することができます。

(2)更新
画像の差し替えについては、次項で解説します。ここでは、記事内での画像表示の位置変更についてまとめています。

それにはまず、記事の編集画面の「テキスト」タブを選択します。この状態で、変更したい画像のURLの場所を選択し、切り取りそして変更先の箇所に貼り付けします。

初めの頃は、「画像のURLが記述されている箇所」が不明で、安易に実行できません。ただ、上記にあるように、画像自体のURLアドレスがわかっているので、記事の編集画面上で検索し、あたりをつけることは可能です。

(3)削除
通常、下記の2つとも削除します。
・メディアのライブラリ画面で、対象の画像を選択して削除
・投稿画面で、画像のURLが記述されている箇所を削除

画像を差し換えるテクニックとは?

公開中の画像を別のものに差し替えする場合には、わざわざいったん削除してから、追加の作業をする必要はありません。記事内の画像を選択して、データを置換することが可能だからです。

それには、記事の編集画面の「ビジュアル」タブを選択して、対象の画像をクリックします。すると編集メニューが表示されるので、さらにクリックします。すると「画像詳細」画面があらわれるので、この画面上にある「置換」ボタンを選択します。あとは、差し替えしたい画像を選択するたけで、入れ替えることができます。

大きい画像サイズの表示速度の向上方法

文字データと比べて、画像データのファイルサイズは非常に大きく、また画質がいい(高解像度)ほど、さらに大きくなります。その場合には、Webサイトの利用者にとって、表示時間が長くなりストレスのもとになります。

以前に比べてインターネットの回線が増強されているため、最近では比較的問題になりません。ただ、画質の良い画像を多用しているため、Webサイトの管理者は以下の対応が必要になってきます。

・あらかじめ画像のデータサイズを小さくしてから、メディアライブラリに登録する
・プラグインを使用して、キャッシュ機能(データを蓄えておく仕組み)を追加する
・プラグインを使用して、画像をさらに圧縮する
・余分なプラグインは止める

この速度の改善のメリットは、SEO(サーチエンジン)対策にも有効なため、必要に応じて導入することをおすすめします。

まとめ

ここまで、いかがでしたでしょうか。画像管理の面でも、WordPressには作業を正確に、効率化するしくみがあることをご理解いただけたかと思います。

アクセス数を増すためには、作成記事の説得力ばかりではなく、画像管理の対策も必須となっています。