第10回 WordPressでランディングページにチャレンジ!

    Posted in: WordPress超活用

LPとは?

本題に入る前に、そもそもランディングページ(LP)とは何でしょうか?一言で表すと、特定の商品やサービスの販売などを目的とした、縦に長いWebサイトです。今この文章をお読みになられている方も、セールス重視の熱いLPを、何度もご覧になられていることでしょう。

さて、LPというネーミングが普及する以前から、この手法はマーケティング業界では存在していました。その機能やデザインが今日まで進化してきたのは、WordPressと歩調を合わせていると筆者は考えています。つまりWordPressのしくみを使って、LPの制作と効果測定が、飛躍的に進化してきました。

LPの得意分野

繰り返しになりますが、まずは製品やサービスの販売ですが、その他にも用途があります。例えば有料・無料の登録会員を増やしたり、あるいはメールマガジンの登録者数を伸ばしたりすることが挙げられます。別に用途に決まりはありません。

そこで、実施したいことの目的が明白になってきたら、メインのWebサイトから独立して、LPを立ち上げてみてはいかがでしょうか。メインサイトとLPサイトをリンクすれば、アクセス数も増加し、目標を達成する可能性も高まるでしょう。

LPのデザインの特徴

まずは、全ての要素を1枚のページに収めるため、縦にたいへん長いページとなります。他のページへのリンクは基本的に行なわず、完結するためです。販売などの目的に直結する内容は、繰り返し盛り込むために、さらに縦長になりがちです。

デザインのポイントは、通常のWebサイトよりインパクトのある写真や画像が中心で、かつ単純明快なことです。そのため、メインビジュアル(ページの一番上の主要な写真や画像)の作成が最も重要です。さすがにここは、プロのデザイナーしかできない領域です。

ところで、LPのデザインには大きく分けて、国産と海外製の2種類あります。これまで書いてきたことは、国産向けの内容です。

一方、海外製のLPのデザインはもっとシンプルで、コンテンツはさらに厳選されています。また、横幅一杯の写真が多用され、ピクトグラムアイコン(ものごとを単純化して表現したイラスト)が大流行しています。

なおWordPressのテーマ・テンプレートには、LPの海外製デザイン向けのものが数多く用意されています。逆に、国産のLP向けのデザインは、種類が限られています。

LP制作にチャレンジ!

実は、筆者はつい最近自身で初めてLPを制作し、納品したばかりです。そこで、今だから言える実体験を、少し紹介したいと思います。

WordPressでLP制作をクライアントより依頼されたときに、まず確認したことはデザインが国産か海外製かの選択でした。国産に決まり、次のステップでは、WordPressでLP制作を行うために必要なツール選びを行いました。

本来LP制作には、専門的なプログラミングが必要ですが、LP制作初心者にもやさしいツールを探しました。その結果、「LP作成機能追加キット『LP Plus』」(http://lp-plus.com/)にしました。

他にもいくつか見つかりましたが、価格の安さとシンプルな操作性で導入を決めました。詳細は、この製品のLPにてご確認ください。

WordPressへの導入や初期設定もスムーズに進み、基本操作も慣れ、全体レイアウトはすぐに完成しました。そして、メインビジュアルなどのデザイン作業に、専念することができました。

最終的に下記のページが出来上がり、ついに公開に至りました。
http://koushi.h-polish.com/ninteikoushi/

ページの出来栄えの良し悪しはいろいろとあると思いますが、まずは申込者数の目標を達成することができて、ほっとしています。

まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか。今回は、「WordPressでランディングページにチャレンジ!」を筆者の実体験を織り交ぜながら、お話ししてきました。

機能を少し拡張するだけで、新たなリクエストに応えることができるのが、WordPressの優れた特徴と実感しています。ぜひトライしていただきたいと思う次第です。

参考サイト

【ランディングページとは│10分で理解できるLPの基本】
http://liskul.com/lp-toha-1530
ランディングページとは何か、これで分かる!
http://web60.co.jp/landing-page.html
日本と海外のランディングページの違い・特徴
http://s-bokan.com/blog/global_web_marketing/lp-japan-overseas.html