第13回 無料で安全にWordPressのテスト環境を整える!

    Posted in: WordPress超活用

テスト環境の必要性

テスト環境があれば、WordPressの新しいテーマやプラグインの導入、デザインやレイアウトの変更を躊躇なく実行できます。やってみたいけどうまくいかなかったら困ると思い、断念する必要がなくなりました。

せっかくWordPressで完成し、公開しているWebサイトに、ちょっとした修正をしただけで、突然何も表示されなくなることは、これで回避できます。そうそうあることではありませんが、WordPressは精密なプログラムで構成されているので、更新時には留意していた方が安全です。

本番での一発勝負ではなく、テスト環境を用意しておく意義がここにあります。もしテストして失敗しても、心配することはありません。やり直しができます。またテストすればいいのです。そして成功したら、安心して本番に移行できます。

WordPressに限ったことではありませんが、個人のブログでのトラブルとは異なり、ビジネスのWebサイトでの不具合には、想像以上の悪影響があります。

では、何をしたらいいのでしょうか。以下、テスト環境を整えるプログラムについて解説したいと思います。

テスト環境を簡単に実現する方法とは?

では、どこにテストできる場所をつくればいいのでしょうか。たしかに、予算がふんだんにあれば、もうひとつレンタルサーバーを契約して、テスト環境にしてしまうことが理想です。

現実には、何もそこまですることはありません。ふだんお使いの手持ちのパソコンを活用する方法があります。具体的には、統合型のプログラムをそのパソコンにインストールします。

この「統合型」のプログラムがポイントです。というのは、WordPressが動く環境を整えるためには、実は多くのプログラムを用意しなければならないからです。それら全てを個別にインストールすることは、さすがに困難です。互いのプログラムの相性もあるでしょう。

そこで「統合型」のプログラムの登場です。一つ入れれば、テスト環境は出来上がる優れたやり方です。それがXAMPPと呼ばれるプログラムです。

XAMPPとは?

以上でお話ししてきたことを実現する、プログラムの名称です。これはWindows専用です。Mac版はMAMPという名前で、別に用意されています。どちらも無料で利用できます。そしてパソコンにソフトをインストールした方なら、導入は難しくありません。

XAMPPは、あくまでテスト環境を実現するもので、この内容がインターネット上に公開されることはありません。そのため広報的にも、セキュリティ的にも安心です。ご自身のために、思う存分テストできるからです。

実際に導入する!

流れとしては、以下の4ステップで整備できるようになります。

(1)下記の公式サイトで専用プログラムXAMPPをダウンロードし、インストールする
https://www.apachefriends.org/jp/index.html
(2)WordPressの公式サイトで専用プログラムをダウンロードし、インストールする
https://ja.wordpress.org/
(3)下記などの参考サイトを見ながら設定する
http://bazubu.com/how-to-create-local-environment-23801.html
(4)テスト環境を開始する

いろいろと自由に検証する!

まず試してみたいことは、WordPressの機能拡張のための、専用プラグインのテストです。あらたにプラグインを導入することはいいのですが、WordPressが停止してしまうことのないように、事前にチェックしておくことをおすすめします。

通常ではWordPressには、目的別に複数のプラグインをインストールしています。場合によっては、その組み合わせが互いに悪影響を及ぼして、最悪の場合には全体の動作を止めてしまうことが、無いわけではありません。テスト環境は、その検証にも使えます。

また、デザインやレイアウトの一部を更新する場合に、全てが正しく表示されて、一部でも崩れてしまっていないかを、確認する必要があります。本番で不具合が発生した場合に、修復できないことを回避するためには、大事な事前作業と考えています。

他にも、正式公開前の全体チェックをご自身で行うためや、周囲の方々へプレゼンする場合にも使えるテクニックです。いろいろな場面で、役に立つやり方です。

まとめ

テスト環境を整備することは、WordPressに限ったことではありません。ただ、精巧なWordPressだからこそ、安全に使うこなすためのノウハウとして、ぜひ知っていていただきたい内容です。備えとして、ぜひご活用されてみてはいかがでしょうか。