第30回 WordPressでメールマガジンを配信する方法がある!

    Posted in: WordPress超活用

なぜメルマガを配信するのか?

メールを利用した定期刊行物であるメルマガについて、内容は周知ですが、その方法や配信する側の事情は、意外と知られていないと思います。

メルマガは、単にメールの送信数を増やして、ご自身の好きなことだけを発信し続ける手段ではありません。下記の事情で、そのようなメルマガは継続が難しくなっているのではないでしょうか。

・今どき無料メルマガの購読は珍しいことでは全くない
・受信メールを、購読者は好んで読まない
・迷惑メール扱いになっていると、購読者は受信メールを読めないことが多い
・SNSなど、メルマガ以外にメッセージを届ける手段が増えてきた
・メール配信する際に、同時送信数に制限を加えているメールサーバーが増えた

このような事情にもかかわらず、旧態依然にみえるメルマガが、なぜ存続しているのでしょうか。その理由として、おそらくメルマガを発信する側とともに、サービスを提供する事業者やその方法に進化があるのではないでしょうか。

それはメルマガを配信する側にとっては、メディアとして定着してきたことです。つまり定期的に、ある程度即時的に、自身の考えをじっくりと発信することが可能になってきています。また、提供されているサービスが、メルマガを配信する利用者に、メッセージをより確実に届ける仕組みを改善してきていることにあります。

それらの具体的な取り組みとして、次項よりWordPressで行うメルマガ配信について、解説します。

WordPressのプラグインでメルマガ配信を管理する!

何より、WordPressでもメルマガ配信を管理できることに驚かれると思います。なお、今回の場合は、管理内容は以下に分類できます。

・メルマガ登録フォームをWebサイトに掲載
・購読者メールアドレスの追加、削除、保持
・メルマガ作成フォームでの投稿作業
・メルマガ解除の案内とその自動処理
・バックナンバー(配信済みの記事)のサイトでの公開(不可のプラグイン有)
・ステップメール(不可のプラグイン有)

【注】ステップメールとは、通常のメルマガとは異なり、自動的に数日間にわたり配信されるメールをさしています。例えば、あらかじめ7日間分の内容を登録し、毎日配信するように設定ができます。つまり登録者の登録日時にあわせて、そのタイミングより自動配信が行われます。この方法を、メルマガとして採用することも可能です。

WordPressの操作方法

WordPressの管理画面上で、すべての操作を完結することが可能です。WordPressのプラグイン全般に慣れている方は、すぐに利用できると思います。

プラグインは英語のものがほとんどですが、利用時には多くの場合、自然な日本語に変換することが可能です。ポイントは、管理画面上の言語の変換というより、購読者へ自動的に送付されるメッセージの日本語化にあります。読めばわかる平易な英語も、急にあらわれるとやはり違和感があるものです。

前項で「メルマガ登録フォームをWebサイトに掲載」とありましたが、その方法として、指定のコード(HTMLなど)を、WordPressの特定の場所に貼りつける作業が必要な場合があります。WordPressのしくみと連動するために行う、やや煩雑な作業となっています。

利用の注意点

このようにWordPressのプラグインを実装しただけでも、多くの管理ができますが、以下の制約もあります。ただしこれらの制約は、プラグインを無料版から有料版に変更するだけでは解消せず、WordPress以外の事情によります。

(1)配信数の上限
WordPressをインストールしているレンタルサーバー業者次第です。通常は、業者が指定する許容範囲内に、メルマガ配信数を収めなければなりません。具体的な配信限度数は、1回分と1日分のメール送信数にそれぞれ制限があり、レンタルサーバー業者により異なります。その理由はセキュリティと、メールサーバーや回線の負荷軽減などの観点です。

なお、この制限を超えた場合は、メールサーバーの仕様で送信ができないばかりか、警告を受けることになります。またGmailなどの第三者のメールサーバーを利用する場合も、同様です。

(2)サイトのSSL化
購読者のメールアドレスを多く扱うため、Webサイトを行き交うデータを暗号化(SSLの利用)をする方が安心です。厳密な意味では、メールアドレスのみの収集や取扱いの場合は、個人情報のデータに該当するかどうかは判断が難しいところですが、万一の場合に備えての対策は必要と考えます。

以上の2点の状況により、大量配信の場合は、WordPressのプラグインの利用ではなく、専用のメルマガ配信サービスの登録も選択肢に入るでしょう。

参考サイト

プラグインで簡単導入!WordPressでメルマガを発行できるプラグイン5選
http://techacademy.jp/magazine/4775

WordPress無料メールマガジンプラグイン『WP Responder』
http://yuyanet.net/%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%94%AF%E6%8F%B4/wp-responder/

メールマガジンプラグイン Subscribe2は簡単で便利に使えそう
http://ryus.co.jp/blog/mailmagazineplubin/

まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか。メルマガ配信までもWordPressで可能になったことを説明しました。大規模な配信ではなく、登録者数が数百件程度の場合であれば、まずはこの方法での利用を、検討されてみてはいかがでしょうか。