アメリカのWEB制作事情

    Posted in: WEB制作

弊社は日本の他にアメリカでも同様のビジネスをはじめているのですが、またそちらはそちらで非常に勉強になることが多くあります。

そもそもアメリカではWEB制作会社というものはあまり多くないように感じます。その理由が以下のウェブページでうまく説明されていてとても参考になります。

アメリカでWeb制作会社が存在出来ない5つの理由

「多くの企業はWebに関する機能を社内に持つ」というのは、やはりアメリカらしいという感じがします。無駄なことは嫌い、良い手段があるなら「こっちで良いじゃん」という判断が非常に早いです。

WEBをやっていると英語を公用語とする国はやはり、ビジネスがし易いと感じます。日本だけを対象としたサービスと英語圏を対象にしたサービスでは市場の大きさが全く違います。安価で便利なサービスが英語圏から生まれてくる理由のひとつです。

例えば、メール配信ツールひとつとっても、日本では月額1万円以上するものが大井ですが、アメリカのサービスでは3,000円前後で機能も豊富です。最近では日本語対応もされていたりするので、従来のサービスを使っている会社は考え直すべきだと思います。

国内、海外に関係なくここ1〜2年で非常に安価で良いサービスが登場してきているので、2980Marketingではそのあたりのご相談もされてみては良いかと思います。

ご紹介したい優れたサービスがたくさんありますので、このブログでもお伝えしていきます。

    Posted in: WEB制作