コンテンツが重要な時代が来ています

    Posted in: WEB制作

ホームページを作れば売れる時代があって、デザインが良ければ売れる時代があって、検索上位になることで売れる時代があって、コンテンツが重要な時代が来ている。←今ココ

すでにWEBコンテンツは情報を出せば良い時代から、自社の強み(USP)を表現していく時代になっています。

一般の人もWEBで情報を探すのが昔と比べて格段にうまくなっていて、同業他社との比較は必ず行われています。

それを早く認識しないと、いつまで経っても顧客の心に響かない情報を発信し続けて潜在的に顧客との接触機会を逃し続けていくことになります。

幸いまだ、ほとんどの会社が、パンフレットの焼き直しのようなウェブサイトしか持っていませんので、今がチャンスでもあります。

これは、作ることがサービス提供の中心だったWEB制作会社にも問題があります。これまでのWEB制作会社は与えられた情報をWEBに掲載できる形にして届けるのが仕事でした。しかし、それは変えていかなければなりません。

個人で事業をやっているWEBクリエイターの中には、そういうことを理解した上で、作るだけではなく、顧客と一緒にビジネスをやっていくクリエイターもいます。

そのようなクリエイターは、WEB本来の価値によって、お客様のビジネスにも価値を生み出そうと一生懸命にやっています。

時間に見合う料金をもらっているかといえば、決してそうではないのですが、そこは感謝の言葉と信頼のためにがんばっています。

でも、文章を書いたり、写真を撮ったりということは、決してプロじゃないとできないことではないのです。ビジネスに精通しているから説明できる言葉があったり、あるタイミングでしか撮れない写真があります。

プロじゃないから、チカラ不足だと思っているから出来ないのです。
今はプロじゃなくてもやらなければ勝ち残れない時代なのです。

そのための環境はもう整っています。ブログでメッセージを発信することや、写真をiPhoneで撮って掲載することは、もう誰でもやっています。

いま、一歩を踏み出さないと競合他社がそれをやるだけです。

    Posted in: WEB制作