HTML5の開発案件が増加

    Posted in: ニュース

ここのところHTML5での開発案件が増えています。
iPhoneが普及しiPadが発売された2年前から、Flash開発の依頼はめっきりなくなり、HTML5での動的コンテンツの制作依頼がではじめてきました。それが最近ではFlashと同レベルの表現力を求められる案件が出てきており、技術の変化のスピードを感じています。
対応ブラウザなどといった外部環境の制約もあるため、HTML5のポテンシャルを使い切っているわけではないので、厳密なことを言えばHTML5ではありません。お客様のほうからHTML5という言葉がでてきているので、共通言語としてHTML5としていますが、僕らとしてはAjaxという言葉のほうがしっくりきます。
Flashで培ったアニメーションの表現手法を使って、表現の制約の多いHTMLを使いながらベストな表現を探すというところが、腕の見せ所です。プログラマーにはできないデザイナーにもできないそんな領域だと思っています。
今までFlashで出来ていたことが、そのまま表現できるわけではないので、事前の打ち合わせという部分が非常に重要になってきます。技術的に可能なのか不可能なのかを経験に基づいて判断しなければいけません。
そんな、まだまだFlashの代替としての認識しかないHTML5ですが、対応ブラウザが出そろったころ(IE10が普及した頃)が、HTML5の本領発揮のときになるはずです。
パソコンやスマートフォンにインストールしているようなソフトウェア(アプリ)のほとんどが、今後はHTML5で置き換えることができるようになります。これこそが本当の意味でのHTML5だと思っています。
どんな端末(PC、スマホ、タブレット)にも同じソース(プログラム)で対応でき、常にインターネットにつながっているHTML5という技術は時代のながれに沿っています。
ホームページ制作会社はソフトウェア開発会社とイコールになり、HTMLコーダーはプログラマーとイコールになる。もうすぐそんな状況になる日がくるかもしれません。