制作会社のプライド

    Posted in: ニュース

うちの会社は全て社内で制作するホームページ制作会社である。だから受けられる仕事と受けられない仕事があるし、受けられる仕事にもボリュームの限界がある。しかしそれは当然のことだと思っている。何でも受注してしまって中途半端なものを納品するより、自信のある仕事をしてお客様だけでなく自分たちも満足できるものを納品したい。
業界内を見ていると、ホームページ制作会社や広告代理店だけでなく業務の片手間でホームページ制作を受注している会社も多い。そんな中で制作を中心に行っている会社は、下請け的な扱いになってしまうのですが、プライドを持って仕事をできるようにしたい。そんな意味を込めて会社のロゴマークは魂にしてある。クリエイターとしての魂を失わないことが重要である。
発注者側に経験豊富なディレクターが存在することは多くないので、実質的にはうちの会社が開発をリードしていくことになります。中には話を右から左へもっていくだけの代理店もいますが、こういう社会システムはエンドユーザーにとっても制作会社にとってもメリットがあると最近感じるようになりました。2次下請けや3次下請けといった構造はちょっとどうかな?と思います。
制作会社にもいろいろあって、主には企業規模やクライアントのターゲット別になります。小さい企業が大きい仕事をやろうとしても無理があるし、大きい会社が小さい仕事をやろうとしても十分な費用対効果がある仕事はできません。会社をはじめた頃は分かりませんでしたが、大きな仕事だからといって飛び跳ねて喜んでいると長期的な視点では大切なものを失います。
うちの会社の理念は、「本物を創り続ける」です。まず本物でなくてはいけません。100点かどうかの判別はできませんが、少なくとも自分が「ここまででいいや」と妥協したものは納品してはいけないと思います。もちろん時間に限りはありますが、その中で最高のもの、もっと言えば過去に同じようなものをつくってきたならその中で最高のものを生み出してこそ、仕事だと思います。成長できないクリエイターはそこが足りないのだと思います。
そして続けること、クリエイターは労働者です。人の上に立つことはあまりありません。そんな中でも自分の仕事に誇りを持つ事は重要です。プライドを無くすための環境はととのっています。気を抜くと妥協の仕事が簡単にできます。でもそれでは自分を欺くことになります。ジワリジワリ自分が失われていき「なんのために仕事をしているのだろう」という疑問がわきます。そうなる前に誇りを持つ事です。さきほども言いましたが、そのためにロゴマークはクリエイターの魂にしてあります。
強みであり弱みでもあるのですが、クリエイターは仕事が好きです。仕事を仕事と思っているようでは素質がありません。だから何でも安請け合いしてしまうという弱みを持ち合わせています。
これから育ってくる社員にはこういうことを認識しておいてもらいたい。