ホームページ制作料金の決まり方

    Posted in: ニュース

ホームページの制作料金は、業界にいる人間以外はその決まり方が理解できにくいものだと思います。中身ほどではない高額なサービスを選んでいる方がたくさんいるのを考えると、内容や見積もりではなく、会社のブランド力や営業マンの人柄で選んでいるのではないかと思う様なこともあります。
ホームページ制作は労働集約型のサービスですので、どの会社も人月計算が基本になっています。各スタッフもしくは、業種(デザイナー、プログラマーなど)別に1時間あたりの単価を決めて、制作に必要な時間を倍数として掛けています。価格表を用意している会社もありますが、この人月計算を元にサービス毎の価格に落とし込んでいます。
当然、優秀な人材ほど時間単価は高くなります。企業規模が大きくなるほど給与も高いはずですので、時間単価は10,000円〜5,000円位の幅があります。
しかし、ホームページ制作料金をややこしくしているのは、上記のことが分からないからではありません。この業界は特に外部委託が多い業種です。外部委託とはお客様から受託した仕事を自社以外の会社に発注することです。ホームページ制作は業務が多様なため、それは避けられないことだと思います。プログラマー、デザイナー、ライター、イラストレーター、ディレクター、カメラマン、その他技術毎に知識のあるスタッフを揃えて、さらにその技術力を高く維持していくのは容易ではありません。
しかし中には中堅、大手と呼ばれるような会社が個人のクリエイターに丸投げしているケースも多くあります。そのような事例が少なくないのが、品質と価格が比例していかない理由だと思っています。