アメリカでビジネスをはじめて3年目を迎えました

    Posted in: ニュース

アメリカ進出をはじめてから3年目を迎えました。ラッキーだったと思いますが、ここまでは順調にこれていると思います。

1年目は進出といってもアメリカ法人を設立したのみで、時間だけが経過していきました。クライアントも何もないまま半年が過ぎ、毎月1750ドルの賃料のみが消えていきました。

僕も定期的にアメリカに行きましたが、もうその道中が嫌で嫌で仕方がなかったのを覚えています。「もっと計画的に動くべきだった」「何も打開策が無い自分はアホだな」とか、思ってました。

それが2年目に入る前くらいに、あるお客様と出会うのですが、そこから状況が変わりました。当初は投稿型のSNSサイトの構築を依頼されていたのですが、制作の打ち合わせを何回か重ねていく段階で一緒にビジネスをやろうという話になりまして、今ではアメリカ側のパートナーとしてご一緒にお仕事させてもらってます。

彼はビジネス経験も豊富で、若いうちから大きな仕事をバリバリしていて、年はそれほど変わらないのですが、僕にとってはメンターのような存在です。考え方の柔軟さや強い実行力に打ち合わせの度に感心させられています。

そのようなこともあり、ここ1年間でアメリカでの土台を築くことができました。
3年目の今年は、大きなビジネスに発展しそうな予感です。