インバウンドマーケティングとは?

    Posted in: インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは一体何なのかご存知でしょうか。インバウンドマーケティングとは、従来の「商品を買って欲しい企業から消費者への押し売り型のアウトバウンドマーケティング」の対となる概念のマーケティング手法です。

インバウンドマーケティングとは?

従来のウェブ上のアウトバウンドマーケティングでは、リスティング広告を使用したり、Eメールのリストを購入し、そこから電話やメールで企業側から消費者に向けて情報を発信する、営業活動をするといった手段を用いていました。

一方でインバウンドマーケティングでは、こうした「無理に」商品の情報を押し付けたり、購入を促すといった活動をせずに、自然と企業や商品に対して消費者が惹きつけられるような魅力的なコンテンツをウェブ上に作成します。

インバウンドマーケティングでユーザーを惹きつける

具体的には、ウェブサイトやブログ、SNS、Youtubeなどに、魅力的な画像、テキスト、動画を使ったコンテンツを作成します。重要なのは、これはあくまでユーザーに自分から見つけてもらう、ユーザーにコンテンツに触れてもらい、商品や企業、サービスのファンになってもらうということです。ユーザーを惹きつけるためには、単一のチャネルだけではなく、ブログやソーシャルメディア、動画などを使い、様々な体験、リッチな体験をユーザーに与えることが大切になります。

訪問者を見込み客へと転換する

これらを用いて、訪問者をウェブサイトに呼び込んだら、その訪問者からコンタクト情報を集め、見込み客へと転換させることが必要になります。見込み客への転換には、CTA(Calls to Action)ボタン・リンクを用いたり、ランディングページ、フォームを使用します。

見込み客を顧客化する

ここまでで獲得した見込み客は、続いて「顧客」へと転換する必要があります。見込み客を顧客へと転換するためには、最も効果的なタイミングで見込み客へと接触し、クロージングすることになります。そのためには、メールマガジンやチャット、SNSでの情報発信などを行い、見込み客を顧客へと育て上げます。

顧客をプロモーターへと進化させる

インバウンドマーケティングはここで終わりではありません。見込み客を顧客へと育て上げ、商品やサービスの購入をさせて終わりではありません。さらに、顧客をあなたの会社や商品を宣伝してくれるようなプロモーターへと進化させ、さらなるアップセルを狙うのです。

商品やサービスを購入した後も、顧客のケアを行い、顧客が満足するような情報発信を行い続けることで、ウェブサイトのブログ記事やfacebookの投稿、ツイートなどをシェア、リツイートしてもらえるような状態まで引き上げるのです。