Google Analyticsを使ってみよう1

    Posted in: アクセス向上委員会

そう遠くない昔、と言っても数年前までですがWebのアクセス解析はとても簡素でした。Webサーバーによく使われるApacheのログを、analogやwwwstatと言う無料のツールを使って解析するのです。操作は簡単なのですが項目は定型でして、解析したところで「ふ〜ん」という印象しか得られませんでした。それでも、どんなドメインから何時頃アクセスしているのか、分かっただけでも当時は興奮したものです。有料のアクセスログ解析ツールはありましたが、かなり効果で使い方も難しく、おいそれと手を出せるような代物ではありませんでした。

今、アクセス解析と言えばGoogle Analyticsが主流です。無料で使えて高機能。高機能すぎて、使いこなせない場合もあるくらいです。多くのサイトが利用していますので、確認してみましょう。ブラウザでサイトにアクセスしたら、右クリックもしくはメニューから「ページのソースを表示」を選択してください。HTMLタグが表示されます。その中に、このような文字列はなかったでしょうか?

Googleが設置位置を推奨していますので、だいたいページの上の方です。見つかれば、そのサイトはGoogle Analyticsを利用しているということです。この文字列はトラッキングコードと言います。ちなみにトラッキングコードは、あなたが使っているブラウザでJavaScript、画像、cookieを有効にしていないときちんと動作しません。動作しないと言うことは、アクセスログが取れないと言うことになります。スマートフォン以前のいわゆるガラケーはJavaScriptを理解できない機種が多いため、Google Analyticsではほとんど解析が出来ません。すべてのアクセス解析が出来るわけではありませんので、注意しましょう。

それではGoogle Analyticsのマイレポート画面を見てみましょう。新規訪問者数とユーザー数のグラフが一番上に、その下には世界地図と訪問数、ブラウザ別の訪問数、さらに下には、直帰率や平均滞在時間などがグラフ化されています。ここでチェックしたいのは、一番上にある新規訪問者数とユーザー数です。

新規訪問者数とは初めてサイトにアクセスしてきた人数ですので、どのような経路を経てきたのか把握しておくことが重要です。経路としては、検索、参照、ノーリファラーの3種類があります。検索とは字の通り検索エンジン経由です。参照とはリンクをクリックして来た場合、ノーリファラーはURLを直接入力してきた場合です。どの比率が高ければ良いと言うことはなく、サイトの属性(情報サイト、ECなど)によってベストな比率は変わってきます。

ユーザー数についても同様の解析が可能です。何度もサイトを訪れてくれるユーザーも含まれますので、新規訪問者数と比較して実数は大きくなっているはずです。ユーザー数という文字をクリックするとサマリーが表示されます。円グラフの下にキーワードがいくつか表示されていますので、こちらもチェックしましょう。どのようなキーワードでこのサイトにたどり着いたのかが分かります。

このキーワードは大変重要で、今後リスティング広告で集客する場合にとても役立ちます。自分で思っているキーワードと、一般の人が思っているキーワードがどのように乖離しているのか、しっかりと把握しておきましょう。