内部対策のお作法

    Posted in: アクセス向上委員会

内部対策のお作法

SEO対策には外部と内部が有り、内部としてはHTMLのコードやサイトの
インデックスをきちんと行うことで対策ができます。
まずはヘッダ部分にあるタグからお話しましょう。

titleタグ・・・
検索エンジンで一番重要なタグと言っても過言ではありません。
そのページが何について書かれているのか、
サマリーを端的に表現している部分です。
タイトルタグに記載する文章には、かならずキーワードを盛り込みましょう。
できれば文章の冒頭部分がお勧めです。検索エンジンの検索結果には、
このタイトルタグが大きく表示されますので注目度は抜群です。
漏れることがないように注意しましょう。おおよそ30字程度が目安です。

discriptionタグ・・・
タイトルタグと同様に、検索エンジンの検索結果に表示されます。
タイトルを補足するような文章を入れられますので、
キーワードを含んだ意味の通る内容を心がけましょう。
あなたのサイトがクリックされるかは、
前述のタイトルタグとdescriptionタグの二つしかありません。

keywordタグ・・・
以前のSEO対策ではかなり重要度の高いタグでしたが、
今ではそれほどでもありません。
検索エンジンはコンテンツの内容を咀嚼するようになりましたので、
あまり過度にキーワードタグを詰め込みますと、
逆効果となる場合もあります。
多くても5つぐらいに納めましょう。

続いて、body部分にあるタグです。

h1タグ・・・
タイトルタグと同様に、文章の冒頭にキーワードを配置するとともに、
タイトルタグやdescriptionタグと内容が重複しないようにします。
また、できるだけbodyタグのそばに置いて、
早い段階で読み込まれるようにしましょう。
ちなみに、h1タグは1ページに一つです。二つ以上使うと、
過剰と判断される恐れがありますが、
html5においてはh1タグが複数使えます。
ちょっと混乱するので、現段階では一つと覚えておいてかまいません。

H2タグ・・・
h1タグほど重要視されていませんが、
ページ内の見出しとして活用されています。
きちんとキーワードを含むような文章にしましょう。

altタグ・・・
画像を配置する際に、画像の説明文を入れます。
以前の検索エンジンであれば表示された画像に
何があるかまで把握はできませんでしたが、
最近では画像内に埋め込まれた文字を認識することもできているようです。
このため、画像内にある文字と関係のない説明文を入れることは、
むしろマイナス効果をもたらすかも知れません。
altタグで注意したいのは、空欄になっていたり(説明文が入っていない)、
ページ内にある複数の画像ファイルにあるaltタグの
説明文が同一になってしまっているケースです。

3つめは、サイトマップについてです。サイトマップとはxmlで記述され、
HTMLとは別に存在するファイルです。
無料で作成できるツールもありますので、
作成して配置しておきましょう。
配置できたら、Googleのウェブマスターツールから登録を行います。
遅くとも1週間程度立てば、Googleに登録されまずので、
今度はきちんと登録されているのか確認しましょう。

確認方法は二つあり、
一つ目は今使ったウェブマスターツールから行います。
二つ目はGoogleの検索から、
「site:http://サイトのURL/」と打ってみてください。
ウェブマスターツールよりも正確度は下がりますが、方向性は把握できます。

最後は、URLの正規化についてお話ししましょう。
URLの正規化とは、ルールに基づいて正しく設定しようということですが、
ちょっと分かりづらいですよね。
正規化のトピックスとしては大きく二つあります。

一つ目は、wwwの有り無しとindexファイルの有り無しで、
二つ目は、rel=”canonical”についてです。

一つ目については感覚的に理解できているかも知れません。
https://www.sasukedesign.co.jp/とhttps://sasukedesign.co.jp/の違いです。
いずれも同じURLにたどり着きますが、
きちんと制御していないと検索エンジンは別のURLと認識してしまいます。
Indexファイルの有り無しも同様で、
https://www.sasukedesign.co.jp/index.htmlや
https://www.sasukedesign.co.jp/index.htmとした場合、
https://www.sasukedesign.co.jp/とは別のURLと認識されてしまいます。
制御の方法は他の機会に譲りますが、いくらアクセスを集めても、
あるいは検索結果で上位に来ても、自分では同じと認識しているURLが別と
判断されてしまってはSEOの効果も半分どころか1/3以下になってしまいます。

二つ目は意図しない重複ページを一つにURLにまとめることができるタグのことです。
まだちょっと難しいですよね。
Googleでは重複したページであると認識した場合、
その中の一つだけを登録する機能があります。
このため、自分では異なったページを制作したものの、
そのうちの1ページしかインデックスされていないと言うケースが発生します。
あるいはその逆で、同じページなのに
パラメータの付き方で別ページと認識されてしまい、
膨大な数のページ数が登録されてしまう
(ECサイトの商品紹介ページなどが該当します)場合もあります。

このため、ヘッダ部分にcanonical属性を記述し、
その後に登録して欲しいURLを入れれば完成です。
今回はちょっとテクニカルな内容になってしまいましたが、
Googleで決められたルールを意識し、
きちんと対策を施せば良いだけのことです。
他に依頼することなく自力で解決できる部分となりますので、
早速実施してみましょう。