新しいキーワードツール

    Posted in: アクセス向上委員会

新しいキーワードツール

GoogleAdWordsには多くのツールが用意されていますが、
利用者のすそ野が広く簡単に利用されているのはキーワードツールではないでしょうか。
そのキーワードツールがいよいよ終了し、
新たにキーワードプランナーとして提供されました。
エンハンストキャンペーンの方針に沿って、いくつかの機能が追加されています。
ただし残念なことに、これまでのキーワードツールは誰でも使えたのですが、
このキーワードプランナーはAdWordsにログインしなければ使えなくなったのです。
このブログの読者であればAdWordsのアカウントはお持ちでしょうから影響はないと思いますが、
誰がどんな利用をしているのか、Googleに把握の意図があると言うことなのでしょう。

キーワードプランナーを使うには、AdWordsにログインした後、
緑の帯にある「ツールと分析」→「キーワードプランナー」を選択します。
「オプションを選択してください」と画面に表示されますので、
上から二つ目の
「キーワードを入力またはアップロードして見積もりを取得する」
をクリックします。

「オプション1:キーワードを入力」の枠に、
検討しているキーワードを入力します。
「オプション2:ファイルをアップロード」は、まだ使いません。
その下にあるターゲット設定には、上から順番に
「日本」「Google」「除外キーワード」とありますので、
まずは「日本」であることを確認しましょう。

「Google」はもう一つ「Googleと検索パートナー」の二つから選べます。
キーワードを組み合わせる場合には、
「見積もりを取得」「検索ボリュームを取得」ボタンの下に
「キーワードを組み合わせる」とありますので、
冒頭の△をクリックすればキーワードを
入れる枠がもう一つ作成されます。
組み合わせる場合の一般的な例としては、「地名」が挙げられます。
「東京」・「Webデザイン会社」などが考えられます。

キーワードの入力ができましたら、
まずは「検索ボリュームを取得」を押してみます。
「広告グループ候補」と「キーワード候補」タブが表示されました。
「キーワード候補」タブを見れば、
キーワードごとに「月間平均検索ボリューム」と
「競合性」「平均クリック単価」が分かります。
ボリュームと単価は数字が出ていますので
「競合性」について少し補足します。
競合性とは、個々のキーワードと Google で扱っているすべての
キーワードを比較して、入札している広告主の多さを
相対的に示す指標を意味しています。
「低」「中」「高」の三段階あり、競合する広告の数を判断します。

各キーワードの右端に「>>」マークがあります。
マウスカーソルを重ねると青く反転しますのでこれを選択すれば、
右端の「プラン」に「入札単価の範囲」「1日単位の見積もり」が現れます。
キーワードを確定させ「見積もりを取得」とある
青いボタンを押すことで、見積もりが取得できます。
ここでは、「入札単価」を設定できます。

設定すればリアルタイムに
「クリック数」「表示回数」「平均掲載順位」「費用」
「クリック率」「平均クリック単価」が変化して表示されます。
キーワード自体を修正する場合は、画面上部のグレーな部分にある
「検索に戻る」を押してください。
キーワードプランナーには注意点があります。
キーワードツールでは検索ボリュームは、
デフォルトではPCだけを対象にしていましたが、
プランナーではPC、タブレット、携帯まで含めた数を表示しますので、
キーワードツールよりもボリュームは大きくなります。

Googleの注意書きによれば、
いつかはデバイスごとに表示する機能が付加されるようです。
また、キーワードツールでは、キーワードは部分一致が
デフォルトでマッチタイプ別の設定も可能でしたが、
プランナーでは完全一致のみとなります。
ではキーワードプランナーを使って何ができるのでしょうか?
既に宣伝する商品やサービスが決まっている場合、
前述の「オプションを選択してください」では
上から一つ目の「キーワードと広告グループの候補を検索する」を選びます。

「商品やサービス」「URL」「商品カテゴリ」のうち
少なくとも一つを設定すれば、
Googleがお勧めするキーワード候補が表示されますので、
候補として検討することができます。
また、検索ボリュームや競合性、クリック単価を元に検討することもできます。
候補が多い場合、画面左にある「検索のカスタマイズ」で
キーワードのフィルタ(ボリュームやCPCが○○以上など)が掛けられますし、
その下にあるキーワードのオプションをON/OFFすることも出来ます。
抽出条件でキーワードの除外や必須もコントロールできます。

実際に広告として使う内容が決まりましたら、
「アカウントに保存」で完成です。
これですぐに出稿が可能となります。
キーワードツールでは一手間かかりましたが、
アカウントが必要になるという理由も
ワンクリックの手軽さを考慮すると分かる気がします。