Webで集客するために(リスティング広告)

    Posted in: アクセス向上委員会

Webで集客するために(リスティング広告)

サイトを公開してSEO対策も始めてみましたが、今ひとつピンと来ない。
と言うか、上位表示はされませんし、訪問者が増えても来ません。
はてさて、どこに問題があるのでしょうか?

結論から言えば、SEO対策の結果が出るには
長い時間がかかることに気づいていないのです。
検索エンジンで上位表示されるには、
早くて3ヶ月、一般的に見ても半年以上かかります。
また、それだけ経過しても上位に来る保証はありません。
だからこそ、インターネット上で広告を打つのです。
広告を打つ方法はいくつかありますが、
その中のリスティング広告についてお話ししましょう。

名前は聞いたことがあると思います。GoogleやYahoo!で検索をした時に、
検索結果よりも上(もしくは前後か横)に色つき枠や線で
囲った部分があることに気づいたでしょうか?
Yahoo!なら「スポンサードサーチ」、
Googleならば「〜に関連した広告」、と書いてあります。
これがリスティング広告の正体です。
キーワードそのものや、関連したキーワードが検索された場合に、
検索エンジンがチェックして表示をしてくれます。
言い方は悪いかも知れませんが、検索結果の上位を金で買うこととなります。

リスティング広告の効果は抜群です。
そもそも検索エンジンを使ってキーワードを検索するような人たちですから、
キーワードに関連した情報を求めているのです。
見込客となる確度は、かなりの高さになることは容易に想像できると思います。
しかもリスティング広告はクリックされた回数によって課金されますので、
表示されるだけならば無料です。

そんなお得感満載のリスティング広告ですが、
注意しなければいけない点もあります。

それは誘導したあなたのサイトがきちんと出来ているかどうか、です。
いくらリスティング広告でお客様を誘導しても、
肝心のサイトで商品やサービスを売ることが出来なければ意味がありません。
公開したサイトの作りや販売に至る導線など、きちんと社内で検証をしましょう。

先ほどクリックされた回数が課金対象と書きました。
クリックして誘導しても、ウインドウショッピングで終わってしまっては残念ですが、
それでも課金はされるのです。
ここで重要なのはキーワードの選定です。
不適切なキーワードを設定してしまうと、
クリック数は稼げてもビジネスにつながらないという極めて不健全な状態に陥ります。
また、キーワードによっては非常に高価なものもありますので注意しましょう。

リスティング広告では「キーワードの選定」がいかに重要か、ご理解いただけたでしょうか?
インターネットでよく売れている企業の多くは、リスティング広告を使っています。
それだけ費用対効果も見込めるツールですので、ぜひともチャレンジしてみてください。