キーワードを絞り込むには

    Posted in: アクセス向上委員会

49

今回はキーワードの絞り込み方についてお伝えいたします。AdWordsの運用を行っていると、いろいろな数値が見えてきます。あまりに見えすぎてしまい、実際には何をどう見れば良いのか分からなくなってしまいます。このため、キーワード登録を初めて1~2ヶ月程度たった時点でチェックすべき項目を考えてみます。

AdWordsで出稿するにはキーワードの登録が必須です。最初はたくさんのキーワードを登録し、徐々に複合ワードレベルでグルーピングしてゆきます。その時には以下の3点について確認してみましょう。

 1)表示回数 
キャンペーンから広告グループタブをクリックすれば表示されます。分からないようであれば、「表示項目▼」を押して「表示項目の変更」をクリックします。「統計情報の選択」下にある「掲載結果」から「表示回数 追加」を選択し、「この設定を保存」にチェックを入れて青い「適用」ボタンを押します。広告グループを選択すれば、キーワードごとに広告表示された回数が現れます。期間は過去1〜2週間でかまいません。

 2)クリック数 
表示回数と同様に表示されます。

 3)コンバージョン数 
事前にコンバージョンとして目標設定された場合のみです。未設定の場合はこの機会に設定しておきましょう。

それぞれの数値の見方ですが、表示回数が多いキーワードはすぐに見つかると思います。つまり検索される可能性が非常に高いキーワードだと言えるのですが、その場合は次のクリック数を関連して確認します。いくら表示回数が高くても、実際にクリックされなければ意味がありません。逆に、表示回数はそれほどでもないのですが、クリック数が多いキーワードも見つかると思います。これは金の卵とも言えます。なぜかと言えば、お客様が一生懸命に探している内容であったり、実際にトレンドができつつあるキーワードだと言えるからです。是非ともこのキーワードについては、遷移先ページをブラッシュアップし品質スコアを上げることを目指しましょう。

始めたばかりで思ったようなクリック数が得られていない場合、クリック数ではなくクリック率で判断することも可能です。クリック率が高いと言うことは、やはりお客様が一生懸命に探している場合が多く、あるいは競合他社との競争率が極端に低い(自サイトのみにお客様が流入している)場合もあり得ます。いずれも金の卵となり得る可能性が非常に高く、もしかするとすごい鉱脈を発見しているのかも知れません。

ちなみにクリック率も芳しくない場合、広告テキストや品質スコアを位置から見直してみることも重要です。