検索クエリのマッチタイプ

    Posted in: アクセス向上委員会

検索クエリのマッチタイプ

今回は検索クエリのマッチタイプについてお伝えいたします。お客様が検索に使うキーワード、それが検索クエリです。GoogleAdWordsを利用している場合、検索クエリに基づいて検索が行われるたびに、入札があり、広告の表示順位がその都度決まりますが、この検索クエリとキーワードのマッチタイプを、検索クエリの絞り込みと言います。Googleではこのマッチタイプに4つの種類があります。順に特長や違いを見て行きましょう。

1)部分一致 
キーワードの語句が含まれる検索クエリに対して広告が表示されます。検索クエリに他の語句が含まれる場合も対象となります。AdWordsでキーワードを指定する際、デフォルトではこの部分一致が選択されています。類義語や関連語句も対象となりますので、かなり広い範囲がカバーできます。逆に言えば、スコープがぼやけてしまうケースも多くなりますので、運用を開始してからの除外キーワード選定が重要になってきます。

2)絞り込み部分一致 
部分一致キーワードに「+(プラス記号)」を付加することで、そのキーワードでのみ検索された場合に広告が表示されます。部分一致では他の語句が検索クエリにあっても表示されましたが、この絞り込み部分一致では他の語句があると表示されません。ただし、表記のゆれは考慮されます。表記の揺れとは、誤字や略語、ふりがなの違い(「振り込み」と「振込」など)を指します。

3)フレーズ一致 
キーワード全体を「“ ”(ダブルクォーテーション)」で囲むとフレーズ一致を指定できます。絞り込み一致で考慮された表記のゆれも広告表示は排除されます。キーワードの順が逆になっていたり、キーワードの間に別の語句が挿入されている場合も排除されます。キーワードの前後であれば、表示されます。

4)完全一致 
検索クエリとキーワードがピッタリと一致し、語句の前後にも他の語句が挿入されていない場合にのみ広告が表示されます。使用するにはキーワード全体を「[ ](大括弧)」で囲みます。完全一致では広告の表示対象がかなり少なくなります。

5)除外キーワード 
除外キーワードを設定する場合、キーワードの先頭に「-(マイナス)」記号を付けます。検索クエリに除外キーワードがあった場合には、広告は表示されません。最初は部分一致で大きく網を広げますが、運用を続けていく上で関係性の薄いキーワードが見つかってくるはずです。このようなキーワードを除外して行くことで、より対象を絞り込めると同時に、無駄な広告出費を抑えることが出来ます。