Googleディスプレイネットワーク2

    Posted in: アクセス向上委員会

Googleディスプレイネットワーク2
前回、ディスプレイネットワークにおける広告の設定方法についてお伝えしました。
今回は配信結果の確認や運用方法についてです。

そもそも検索ネットワークとディスプレイネットワークの違いとは、
私はコントロールできる範囲の違いだと思っています。
検索ネットワークでは設定したキーワードの類義語などをGoogleで勘案してくれる
ものの、少なくともキーワードに関連した興味をお持ちのお客様が対象となります。
対してディスプレイネットワークでは、表示するサイトが関連していると言った
程度で、閲覧するお客様が興味を持っているかどうか分かりません。
このため、ブランドの認知度を上げるためや潜在顧客の掘り起こしに使われる
ことが多く、予算の見当がつきにくいものとなります。
表示されるサイトはGoogleAdsenseに登録したサイトですので、
事前に個別のURLを知ることは出来ません。
出稿者として、キーワード検索のようなコントロールは難しくなります。

ディスプレイネットワークを始めるに当たっては、2つの考え方に沿って
ターゲティングを行います。
一つ目はコンテンツターゲット、いわゆるキーワードに基づいて掲載サイトを
自動的に設定してもらうもの、もう一つはプレースメントターゲット、
掲載したいサイトが分かっている場合、指名して行くやり方です。
最初であれば、前者のコンテンツターゲットを用います。
こで重要なことは、除外キーワードの設定です。
検索ネットワークでは除外キーワードを設定すると、ほぼ確実に
機能していました。ディスプレイネットワークでは、検索ネットワークほど
強制力がないので、除外キーワードに該当しても表示されることがあります。
つまり表示される可能性が低くなるだけで、ゼロではありません。
ここは検索ネットワークとの違いと割り切って、運用するしかなさそうです。
ちなみに関連するサイトのページとしてGoogleがキーワードを認識する際には、
言語や頻出語、フォントの大きさやタグ、表示位置、出現回数を用いて
解析すると言われています。

キーワードの作成には、コンテンツターゲットツールを使うと便利です。
コンテンツターゲットツールでは、キーワードリストを
自動生成することが出来ます。

プレースメントターゲットでは、実際にどのサイトへ掲載するか
細かく設定が出来ます。
ただし、掲載するサイトのリストを作成するためには、ある程度の期間、
コンテンツターゲットで運用し、成果の出ているサイトがどこなのかを
把握する必要があります。
先ほど、表示されるサイトの詳しいURLは分からないと書きましたが、
掲載結果(表示回数やクリック率など)は後から分かります。
このため、良い結果を生み出すサイトはどこなのかは知ることが出来るのです。
こうして得た良質なサイトのリストを元に、より成果を出すべく指定して出稿します。

それでは良質なサイトを抽出するために、掲載結果の見方を確認しましょう。
重視する点は配信先の掲載結果です。表示する項目としては、ドメインやURL,
表示回数、クリック数、クリック率、クリックスルーコンバージョンと
クリックスルーコンバージョン率などを指定します。
ちなみに、配信先URLは「URLリストを表示」で確認できるものの
実際にどこに表示されていたのかまではわかりません。
自動プレースメントで掲載されたサイトのリストを表示させます。
「詳細を表示」とあるリンクをクリックします。
判断基準としては、表示回数とクリック率を元にします。
表示回数が多いと言うことは、広告との親和性が高いことを示しており、
クリック率が高いと言うことは瀬在顧客の見込みがあると言えます。
低いと判断されるサイトについては、プレースメントから除外をします。
逆に良質と判断できるサイトについては、「プレースメントと入札単価を管理」
ボタンを押して、手動プレースメントに移行させます。
この時に、入札単価を変更し、高めに設定することでさらなる効果を期待できます。
移行させるサイトは、巨額な資本があれば別ですが巨大な有名サイトは
避けた方が良いかもしれません。
ユーザー数は多く見込めるものの、その分興味のないシーンでも
配信されるので、クリック率は下がります。
むしろブランディングには向いていると言えるでしょう。
結果として検索ネットワークと同じになりますが、
よりターゲットにフォーカスしたニッチなサイトを見つけることが成功への近道です。

ディスプレイネットワークでは効果が出るまでかなりの時間を要します。
良質なサイト抽出するためには、少なくとも数ヶ月の運用が必要でしょう。
短期間では偏った結果しか得られません。
検索ネットワークでは少しずつ小出しにして効果を見て行くことが多いのですが、
ディスプレイネットワークの場合、ドカンと出して徐々に絞って行く方が
成果を得やすくなります。
また、出稿する商品やサービスによっては当たり外れが大きいのも難点です。
競合と見なすサイトの広告をディスプレイネットワークで見かけるかどうかも、
一歩踏み出す基準となるかも知れませんね。