Googleディスプレイネットワーク

    Posted in: アクセス向上委員会

Googleディスプレイネットワーク
Googleは検索エンジンですので、広告が表示されるのは、当たり前ですが検索された
場合のみとなります。
どのようなキーワードで検索されるか、そのキーワードと広告、あるいは広告したい
サイトとの品質スコアに一喜一憂しているのが現実ではないかと思います。
これまでもその対策についてお話ししてきましたが、
今回は検索以外の広告掲載についてです。

GoogleのTopページはとてもシンプルに出来ていますので広告は
まったく表示されませんが、YahooのTopページは至る所に広告が現れます。
これはプレミアム広告と言って一定のスペースを借りて、広告期間や表示回数などを
保障してもらうものです。
Yahooではこの他にYahooディスプレイネットワークと
スポンサードサーチと呼ばれるプロモーション広告があります。

スポンサードサーチとはGoogleで言う検索ネットワークのこと、
Yahooディスプレイネットワークがまさに今日の論点となる、
Googleディスプレイネットワークのこととなります。

Googleディスプレイネットワークでは、
Googleアドセンスに登録したサイトに対して広告を出稿できます。
方法は二つあり、設定したキーワードと関連性が高いと、
Googleが判断したサイトに自動的に出稿される場合と、
サイトを指定して行う場合があります。
最初からサイトを指定するのは難しいため、まずは自動出稿から始めましょう。

AdWordsにログインし、キャンペーンタブの設定で、
「タイプ」から「検索ネットワーク(ディスプレイの選択を含む)」にチェックします。
右側に「標準(推奨されません)」と「すべての機能」が表示され、
「すべての機能」にチェックが入っているはずですので、そのまま青い
「保存」ボタンを押します。これでタイプの表示が変わったはずです。
タイプの下にあるネットワークも「検索」から「すべて」に表示が変わっています。
まずはここまで設定すれば第一歩は完了です。

と、ここまでのやり方は既存のキャンペーンをディスプレイネットワークに
対応させるための方法です。
実はこのやり方(既存のキャンペーンを流用)では、広告効果をきちんと計ることが出来ず、
かなりもったいない結果となってしまうことが多いのです。
実際にディスプレイネットワークに出稿する場合、キーワード検索とは
別のキャンペーンを作成しましょう。作り方はこれまでとほぼ同じです。

キャンペーンの追加を行う時に、「ディスプレイネットワークのみ」を選択します。
新しいキャンペーンが作成され、ネットワークには、
「すべての機能」「モバイルアプリ」「リマーケティング」「エンゲージメント」の4つが
表示されており、「すべての機能」にチェックが入っているはずです。
ここでは特に変更する箇所はなく、「すべての機能」を選択しておいてください。
それ以外の部分、デバイスや地域、言語については検索と同様に設定します。
単価と予算について設定し、保存します。

続いて、拡張CPCとターゲットの選択を行います。
拡張CPCではコンバージョントラッキングのデータに基づき、
コンバージョンに至りそうな場合は+30%、
至らなそうな場合は30%以上の引き下げが自動的に行われ、入札単価が決定されます。
ターゲットでは、「ディスプレイ ネットワークのキーワード」
(キーワードに関連するサイトに広告を表示)、「インタレストとリマーケティング」
(ユーザーの興味関心に基づいて表示される広告が決定)、別のターゲティング方法を使用
(トピック、プレースメント、年齢、性別)のいずれかを選択します。
キーワードを選択した場合は、検索の時と同様にキーワードを登録します。
インタレストではカテゴリの選択を、リマーケティングでは登録してある
リマーケティングリストから選択します。トピックではジャンルと、プレースメントでは
表示したいサイトのURLを、年齢や性別ではそれぞれ該当する箇所にチェックを入れます。
青い「保存して次へ」を押せば広告文の作成に移ります。
初めての場合は、ディスプレイ広告ビルダーを使うと便利です。
テンプレートの中から、背景やボタンやテキスト、
イメージなどを選択して行くと自動的にサンプルに表示されます。
確認して終了を押すとGoogleの審査に回されますので、ほぼ1日あれば可否が判明します。
青い「広告を保存」を押せば、完成です。

これでディスプレイネットワーク専用のキャンペーンができあがりました。

さて、ディスプレイネットワークのメリットには何があるでしょうか。
大きく分けて、ブランディングとダイレクトレスポンスがあります。
ブランディングとはブランドの認知度のことで、クリックしてもらうことよりも、
より多くのサイトにより多く表示してもらうことでお客様の認知度を上げていく方法です。
ダイレクトレスポンスとは、関連性の高いサイトに対して直接出稿できるため、
潜在顧客の掘り起こしがしやすいと言う点があります。