Google Analyticsとの連携

    Posted in: アクセス向上委員会

Google Analyticsとの連携

Googleにはリスティング広告などを扱うAdWordsのほかに、
アクセス解析を行うAnalyticsがあります。
用途としては異なっていますが、うまく連携させてお互いに補完できれば
マーケティングに関する情報をより一層活用することができるようになります。
教はその使い方についてお伝えしましょう。

Google AdWordsではキャンペーンやキーワードごとにレポートが作成できます。
このレポートでよくご覧になるのは、
たぶんクリック率(CTR)やコンバージョンではないでしょうか?

たしかに広告という見地から見れば、キーワードに対する
反響が一番気になるのは自然なことでしょうし、
これまでも重要なポイントであることはお伝えしてきました。
効果の低いキャンペーンやキーワードは常に見直しを掛け、
ブラッシュアップすることが重要であることもご理解いただけていると思います。
そこで一つ考えていただきたいのが、AdWordsのレポートからだけで
判断しても大丈夫だろうか?という点です。

そこでGoogle Analyticsを併用すると、より多角的な判断ができるようになります。
どのようなことか、見てみましょう。
Analyticsでは、サイトのトラフィック分析ができます。
そこでは、1)エンゲージメントと2)ボトルネックの2点について調査をします。

1)エンゲージメントとは、お客様がどれだけ深く
サイトを見ていただけているかを測る尺度です。
これには滞在時間や平均PVを使います。
滞在時間は、「ユーザー」→「サマリー」で平均滞在時間が確認できます。
詳細にみたい場合は、「ユーザー」→「行動」→「ユーザーのロイヤリティ」を選択します。
訪問時の滞在時間ごとにユーザー数が表示されましたね。
「分布」タブのうち「訪問時の滞在時間」が選択されていると思います。
ただ、これだけでは分析ができませんので、
画面上部にある「アドバンスセグメント」をクリックします。
「デフォルトのセグメント」と書いてあるグレーの枠が表示されます。
ここでセグメントごとに動向を確認しましょう。

続いて、平均PVです。滞在時間と同様に
「ユーザー」→「サマリー」で確認ができます。
「分布」タブのうち「訪問時のページ数」を選択しましょう。

詳細に見る場合は、滞在時間と同様に、
「アドバンスセグメント」で切り分けていきます。
「コンバージョンが達成された訪問」で調べると、
勝利の方程式が見えてくるかも知れませんね。

2)ボトルネックとは、コンバージョンに至る前に脱落してしまう原因のことです。
これには各ページの直帰率を用います。
「コンテンツ」→「行動フロー」→「サイトコンテンツ」と選択します。
まずは「すべてのページ」で各コンテンツの動向を把握します。
グレーの「直帰率」をクリックすれば、
この項目でソートされた表示になります。
すべてのページを単純に見ても仕方がありませんので、
「セカンダリディメンション」の右側にある
「アドバンス」をクリックするとその下にダイアログが出てきます。
緑色の「ページ」を押して「利用状況」にフィルタを掛けておきましょう。
続いて「ランディングページ」と「離脱ページ」をそれぞれ確認します。
最後に、「コンバージョン」→「目標」→「目標への遷移」と進みます。

ここで表示されるのは、コンバージョンに成功した場合のお客様の遷移フローです。
直近3回前までに滞在したページが表示されますので、
先ほど確認した離脱ページと比較してみましょう。
「コンバージョン」→「目標」→「ゴールフロー」を選択すると
よりビジュアルな理解ができます。
赤く表示されている部分が離脱してしまったお客様を指します。
遷移するたびに離脱するお客様が増えるのは仕方ありませんが、
できるだけ少なくして行きたいものです。
このようにして離脱率が大きなページが把握できたら、今度はページの改善です。
制作サイドの思い込みだけでなく、いろいろな人に試してもらい、
どの部分が理解しづらいのかきちんと確認します。
ちなみに、フォームや表記だけでなく、別の理由で離脱するケースもあります。
たとえばECサイトでは、最後の確認ページで離脱率が多くなる場合があります。
ページの構成や表記は問題がなかったため、実際に確認したところ、
送料が加算された少額決済の場合に離脱率が多くなっていました。

このため、それまで5,000円以上を送料無料としていましたが、
2,000円以上で送料無料とすることで
離脱率を下ゲルことに成功した事例があります。

このように便利なAnalyticsと連携させるには、
AdWordsからは「ツールと分析」→「Google アナリティクス」を選択し、
ページ右上にある「アナリティクス設定」タブをクリックします。
AdWordsにリンクさせるアナリティクスアカウントを選択し、
「AdWordsのアカウント設定」を押します。
「+新しいリンク」を押し、AdWordsのアカウントを選択して
「次へ」を押します。

こうすることでAdWordsの自動タグ設定機能が有効になりますので、
「アカウントをリンク」ボタンを押します。
後はお互いの画面から共有するデータの種類を選択すれば完了です。
とても便利な機能ですので、実際に確認して活用してみてください。