PageRankとは

    Posted in: アクセス向上委員会

PageRankとは

Googleのツールバーを使っていますと、
閲覧するページごとにPageRankが表示されます。
Googleが独自に評価したもので、10段階で表示されます。
これがPageRankで、ページの重要度を他のページからの
リンクに基づいて測定した値となります。
簡単に言えば、サイト A からサイト B のページに張られるリンクは
どれもサイト B の PageRank を増やすことになります。

Googleでは、検索結果の順位付けにこのPageRankが使われます。
ただし、PageRankだけではなく200以上の要因をもとに順位が決まりますので、
このPageRankを単純に上げれば良いというものではありません。

とはいえ、サイトに張られるリンクの数や質をもとに測定されていますので、
SEOでいう外部SEO(被リンクの数)とは、
PageRankを指していることとほぼ同義です。

GoogleではクロールしているすべてのWebページに点数を付けています。
クロール時に前回のデータと比較し、リンクをしてくれた
サイトのページに付いている点数が加味されます。

また、ページの中にあるリンクの位置、そのタグや張られ方などにも基準があるらしく、
とにかくやたらと張れば良いわけではなさそうです。
しかも、あまりに多くのリンクを張ってあるページだと、
リンクそれぞれの点数は下がるとも言われています。
実際の基準をGoogleは公表していませんので憶測の域を出ませんが、
何事にも行き過ぎは禁物のようです。

では、PageRankを上げるためには、どのような方法があるでしょうか?

答えはとても単純で、とにかくPageRankの高いサイトから
リンクしてもらう(被リンク)ことです。
前述したように、被リンクをどれだけどのようにもらうかで決まりますので、
ベストな方法としては、PageRankが高いページから、
自分のサイトにだけリンクを張ってもらうことです。

でも、なかなかそれは難しいですよね。
ですので、リンクのたくさんあるページでも、PageRankが低いページでも、
とにかく自分のサイトにリンクを張ってもらうように働きかけましょう。
相手から相互リンクを求められる場合もありますが、
相互リンクでも効果はあるはずです。
別の言葉にすれば、自分よりもPageRankの高いサイトから、
大量に被リンクを獲得していることとなります。

ご自身のサイトについて被リンクがどのような状況になっているのか、
確認するツールがあります。
なぜこのようなツールがあるかと言えば、
あまりに大量のリンクはスパムと見なされ、
検索エンジンからペナルティを出される可能性があるからです。

まずはGoogleで手軽に調べてみましょう。
Googleのページを開いて、検索キーワードを入力する部分に、
「link:http://調べたいサイトのURL」を入力してEnterを押します。
この時に、www.がある場合と無い場合の2通りで試してみてください。
ウェブと赤字で表示されている下に、「約○○件」とおおよその被リンク数が表示されます。
ちなみに表示される順位は、検索順位とはあまり関係がありません。
むしろいつもの検索結果をGoogleが記憶していますので、
あなたが日頃使っているサイトやよく検索しているサイトなどが上位に来ます。

また、被リンクがいくつ以上でスパムという基準はありませんが、
毎日のアクセスログを見れば平均的な訪問者数はつかめますので、
それと比較して相対的に大きな数字の被リンク数ですと、
ペナルティとなる可能性はあります。

先ほどPageRankは検索結果の順位付けにおける一つの要因とお話ししましたが、
注意しなければいけない点があります。
それはPageRankが低い(0~2程度)にも関わらず、
上位に表示されているサイトがあるということです。
これはつまり、PageRankをいくら上げても、
検索結果の上位表示には必ずしもつながらないと言うことになります。

ただし、PageRankが高くなりやすいサイトは上位に
表示されるための条件を満たしている可能性が非常に高いので、
被リンクに関して言えば相関性も高くなっています。
このため、サイトが上位表示されるために必要な被リンクが増えれば
PageRankも一緒に上がっていきます。
逆のケースであるPageRankが上がればサイトが上位に表示されるわけではありません。
この点を取り違えて、PageRankを上げることに執着している
サイト管理者の方が多数見受けられますので、気をつけたいところです。

ちなみに、PageRankの評価においては被リンク先のページとの関連性について
あまり考慮されていないように思われます。検索結果を上位にするためには
関連性の高いページという意識を常に持っておかなければいけませんが、
PageRankではまだ機能していないようです。
とは言っても、いつGoogleで機能追加が行われるか分かりませんので、
無関係なサイトからの被リンクには注意しましょう。
また、PageRankの高いサイトからの被リンクが一番とお話ししましたが、
Googleでは関連性についてしつこいくらいに言及していますので、
今後の方針としてはPageRankが低くても関連性の高いサイトやページから
リンクをもらう方が得策のようです。