Google+を上手に使おう

    Posted in: アクセス向上委員会

Google+を上手に使おう

ソーシャルメディアはFacebookやTwitterだけではなく、
GoogleもGoogle+というソーシャルメディアを2011年から始めました。
後出しですので、FacebookやTwitterのいいとこ取りをしています。

もともとFacebookとは友達同士のつながりを重視した作りになっていますので、
友達の友達はまた友達、どこかで聞いたようなフレーズですが、
友達として一度つながってしまうとほとんどすべての情報が共有されてしまいます。
このため、一度友達になってしまうと断ち切るのは用意ではありません。

他方、Twitterではフォローという概念を使って、
一方的に情報を受けとるだけの関係を築けるようになりましたが、
発信する情報はすべて公開されますので、私的なやりとりには不向きな仕組みです。

このような点を修正して、Google+では投稿する情報ごとに誰に対して公開するのか
指定できるようになりました。私も使ってみましたが、
操作画面という点ではFacebookに近く、機能から見ればTwitterに近いように思えます。

集客という観点では、FacebookやTwitterと大きな相違点はありませんので、
出来るだけたくさんの人をサークル
(コンテンツを簡単に共有できるGoogle+内のサービス名)に入れて、
コミュニケーションを活発化させることが第一歩になります。

Google+には「+1」というFacebookの「いいね!」に類似するボタンがあります。
集客と同時に、「+1」ボタンを押してもらえるような仕組みを作りましょう。

今のところ、Google+では個人的な利用が多く、
企業が積極的に利用するまでには至っていません。
ただ、Google+を運営しているのが検索エンジン大手である
Googleであることを忘れてはいけません。
今後、「+1」ボタンやGoogle+への投稿からのリンクが、
検索結果に影響される可能性もあります。
伏線としてGoogleでは、「search plus your world」
というプロジェクトを開始しました。
そのプロジェクトの中に、パーソナライズ(ド)検索があります。
過去の検索履歴や検索パターン、ソーシャルでのつながりや済んでいる
地域を加味して検索結果をカスタマイズする仕組みです。

つまり、同じキーワードで検索しても、あなたが見ている検索結果と、
私が見ている検索結果は異なっているかも知れないのです。
まだGoogle.com(米国内)だけの試験的なサービスでしかありませんので、
日本のGoogle.co.jpでは始まっていませんが、
検索結果が一意に決まるものではなくなるとすると、
かなり大きな変化が起きてくるはずです。

逆にユーザーから見れば、自分好みな結果が優先的に表示されるので、
より使いやすくなるのかも知れません。