Google Analyticsの便利な使い方

    Posted in: アクセス向上委員会

Google Analyticsの便利な使い方

今回からGoogle Analyticsの便利な使い方についてお伝えしようと思います。

Google AnalyticsはWebサイトのアクセス解析を行うツールです。
どのようなお客様がアクセスしているのかこのツールで把握できますし、
もう一つの便利な使い方として、サイトの評価があります。
現在のページで、お客様はどこに興味があるのか、
つまりどこをクリックしているのかを確認できます。こ
の機能を使うためには、事前にURLを設定しておく必要があります。
Google Analyticsの上部にあるオレンジの帯に
「アナリティクス設定」とありますので、こちらをクリックし、
アカウントに紐付いたプロパティを表示します。
プロパティ設定をクリックすると登録されている
デフォルトURLが表示されますので、合っているか確認します。

それでは機能を実際に使ってみましょう。

「標準レポート」→「コンテンツ」→「ページ解析」を選択します。
データを読み込むのに少し時間はかかりますが、
それだけの価値はある情報が得られます。
アクセスログの多くは数字の羅列ですので担当者には通じるものの、
当事者以外に見せた場合、なかなか直感的に理解できるものではありません。
そこで、このページ解析を使えば、
ビジュアル的に人気のある部分が判別できます。

リンクのある部分について、吹き出しが表示されデフォルトでは
その中にパーセンテージが載っているはずです。
これはクリック数が一定の割合を超えているものを表示しています。
ページ上部あるタブの下にある「バブルを表示」が押されている状態ですので、
これを「色を表示」に変更してみましょう。
クリックされる割合の高いリンクほど赤くなっています。
今度は「ブラウザのサイズ」を押してみます。
画面に茶色のシャドーがかかったと思います。
モバイルやタブレットなど、画面に制約のある
ユーザーの閲覧について得られる情報です。
アクセスしてきたお客様のうちどの程度の方が
どのような見え方になっているのかが分かります。
このツールはかなり便利でして、
モバイル対応をするべきかどうか悩んでいる場合に有効です。
最近はモバイルと言っても画面の大きさはそれぞれ異なりますので、
茶色のシャドーできちんとすべてが表示されていないお客様がどの程度になるのか、
判断することができます。

同じような情報は、「ユーザー」→「モバイル」→「サマリー」からも取得できます。
Desktop、mobile、tabletの3種類ですが、それぞれ訪問数やページビュー、
滞在時間、新規訪問の割合、直帰率が出ます。サイトの特性にもよりますが、
結構面白い結果が出ているのではないでしょうか。知り合いのサイトでは、
tabletの直帰率が極端に低く、その原因を探ったところ、
ページビューや平均滞在時間も他のデバイスと比較して高いため、
どうも3秒ルールに当てはまらない使い方をしているのではないかとの結論に至りました。

ちなみに別のサイト(モバイル対応済み)では、mobileのページビューや滞在時間、
直帰率がモバイル対応前と比較して格段に改善されています。
ただし、tabletの数値はすべて悪化してしまいました。

「ユーザー」→「モバイル」→「デバイス」を選択すると、実際にアクセスしている
モバイルの機種名がリスト表示されます。Apple製品はやはり強いですね。
iPadやiPhoneとしか分類されませんので、その数は膨大になっているはずです。
その他のデバイスで見ると、NexusやSonyのタブレットも数が多そうです。

「ユーザー」→「ユーザーの環境」→「ブラウザとOS」を見てみましょう。
画面上にある「プライマリディメンション」で
ブラウザの種類やOS、画面の解像度などを選択できます。
WindowsやMac、iOS、Androidなどが上位に来ると思いますが、
PlayStationといったゲーム機からのアクセスはいかがでしょうか?
最近ではパソコン無しでもブラウズできる端末が増えましたので、
Wiiがリストに出てくるかも知れません。

それでは最後に、
「ユーザー」→「行動」→「リピートの回数や間隔」をチェックしましょう。
リピート回数1回が一番多いのは仕方ありません。アクセスしてくれるお客様すべてが
リピーターになってもらえるはずもありませんので、
ウインドウショッピングをシテもらった程度の間隔で良いと思います。

ここで重要なのは、画面上にある「アドバンストセグメント」で
「コンバージョンが達成された訪問」をチェックしてください。
つまり、サイトの目的であるコンバージョン達成までに、
お客様が何回程度訪問するのかが分かります。
できたばかりでコンバージョンが発生していない場合は、
1ヶ月程度経ってから確認してみます。
リピートの回数だけでなく、リピートの間隔も見てみましょう。
サイトの成功要因となる勝利の方程式は見えたでしょうか?
あるいは、意外な結果が浮かび上がったかも知れません。

今後のサイト運用に生かすべく、きちんと分析して知識を社内で共有しておきましょう。