内部SEOの高め方

    Posted in: アクセス向上委員会

内部SEOの高め方

SEOのコンサルをしておりますので、SEOに関する質問をよく受けます。
特に多いのが、外部SEOと内部SEOがごちゃ混ぜになってしまっており、
とにかく外部SEOたる「被リンク」を
どのように集めるかに腐心している方が多いと言うことです。

たしかに検索エンジンでSEOを検索すると、
成果報酬型の外部SEOを行う業者が頻繁に現れます。
表現も過激になっており、すぐにでも検索結果が
上位となるような認識を持たせるようなものも散見されます。

SEOとは検索エンジンで上位に表示されることを目指しますので、
ゴールは合っていると思いますが、
Googleでは被リンクについてガイドラインを設けており、
過剰な場合や悪質なケースはペナルティの対象となります。
つい先日もハミングバードアップデートがあり、
アルゴリズムの変更が行われました。
この変更はSEO的に大きな変動がなかったためあまり話題になっていませんが、
Googleの取り組みとしてはかなり大きなインパクトがあったようです。

特に、コンテンツをインデックスする仕組み、
および検索クエリとコンテンツの内容を結びつける仕組みが変わりました。
つまり外部SEOよりも内部SEOを重視していることを意味しています。
検索クエリに使ったキーワードの答えが、
検索結果に表れているのか、そう考えても良いと思います。

では、その内部SEOを高めるにはどうしたら良いのでしょうか?
その点についてお伝えしましょう。

内部リンクの基本はコンテンツの充実です。
と言っても当たり前のことですが、
設定したキーワードに沿っているかがポイントになります。
検索クエリに使われた内容を質問文として、
コンテンツはその解になっているのか、
訪れたお客様がコンテンツを見て(読んで)
必要としていた内容であったと満足できるのか、
つまりある程度のボリュームがあるのか、そこを検証する必要があります。
ボリュームですが、少なくとも500文字以上あった方が良いでしょう。
お客様が全文読んでくれるのかというと心許ないのですが、
検索エンジン対策として500文字よりも少ないと、
コンテンツが充実していないと判断されるようです。

その500文字の中に、キーワードがちりばめられていることは絶対条件となります。
キーワードの出現率については、Googleウェブマスターツールで
「Googleインデックス」→「コンテンツキーワード」をクリックし、
キーワードごとに出現率と重要度をチェックします。

次に、コンテンツ内へのキーワードの散らばせ方についてお伝えしましょう。
チェックポイントは、どの位置にキーワードが存在するのか
(使用されているタグの種類)となります。
その際に使うツールが、ToFU2(http://www.tofu-system.com/)です。
キーワードと自社サイトのURLを入力し、
「SEO分析を行う」ボタンを押します。
サイトにも書いてありますが、結果が出るまで少し時間がかかります。
フリーズしているわけではありませんので、気長に待ちましょう。

いかがでしょう、表示されましたか?このツールでは、
ほぼ内部分析に限った結果だけしか得られませんが、
どこを修正すべきか具体的に表示してくれます。
サイト全体もそうですが、無制限での利用ができますので、
できることならページごとに問題点を検出してみてはいかがでしょうか。
検出量が多い場合はお勧めできませんが、
漏れているとしたらそれほどページ数は多くないはずですし、
共通する修正ポイントであればすべてのページに該当するはずです。

キーワードについて補足しますと、単語数や比率はサイト全体で判断した方が良いでしょう。
これらの数字に黄金比率はありませんが、日本語として意味のある表示の仕方の方が重要です。
かなり昔の検索エンジンでしたら、意味の分からないキーワードの羅列でもOKでしたが、
今回のハミングバードアップデートでは、特定のキーワードにマッチすることよりも
意味がマッチするページを表示するようなアルゴリズムとなっています。
露骨なキーワード羅列ではなく、読んで意味の通るコンテンツを目指しましょう。

さらに言えば、狙っているキーワードで上位表示されている
競合サイトの分析を行って確認してみましょう。
ご自身のサイトとどのように違うのか、
差分を認識することはとても重要なことです。
ToFU2では内部分析だけなので、
競合サイトがご自身のサイトよりも問題点の検出量が多いかも知れません。
それでも上位表示されていると言うことは外部SEO、
つまり被リンクによる結果であると推測できます。

このToFU2で面白いのは、
無料版で使われたキーワードの履歴が公開されていることです。
リアルタイムに更新されていますので、
先ほど入力したキーワードも履歴には既に表示されていることと思います。
日次で過去の履歴も確認できますが、クスッと笑ってしまうようなキーワードから、
かなりビッグなキーワードまで並んでいる日もあります。
利用されているみなさんはきっとあなたと同様に、苦労されていることでしょう。